ウイルスに負けない生き方〜新型コロナウイルスの真実〜を読んでみた

医学の本は専門用語が多く読みにくい。というのが、これまでの私の印象でした。ところが、この本はとても読みやすく、内容も分かりやすい。私はフォトリーディングや速読などはやっていないので、決して本を読むのは早くないですか、それでも2時間足らずで読めました。

 

f:id:egaoya:20200520185505j:image

 

著者は刈谷真繭(‘かりやしんじ)さん。高知大学医学部附属病院の病院教授。

 

内容は、ウイルスとはそもそも何なのか、新型コロナウイルスの何が恐いのかなどの基本知識や世界の現状などから、予防法まで書かれています。

 

私が印象に残ったのは、

ウイルスは、人間の細胞の1000分の1程度の大きさしかなく、私たちの細胞に侵入する以外、その数を増やすことができない。

 

細菌感染症抗生物質で治療できるが、ウイルスによる病気は、ほとんどの場合、身体の免疫力だけで闘病することになる。

 

新型コロナウイルスは金属の銅の表面に付着している場合は4時間生存、ダンボールの表面に付着している場合は24時間、プラスチックやステンレス鋼に付着した場合は72時間生存している。(プリンストン大学の研究チームが発表)

 

新型コロナウイルスのワクチンの一般向けの大量生産は、2021年の夏頃〜年末になる可能性が高い。

 

実際の感染が起こるのは、寝ているときが多い。寝る前に、手、顔、口、鼻を徹底的に綺麗にウイルスの量を減らすことが肝心。

 

実際の死亡率は感染者の0.125%と推定される

 

高齢者、持病のある方、喫煙者はリスクが高い。健康者は、ウイルスのはいっている液体を食道に移し、唾液と一緒に消化するので、病気が発生しにくい。または軽い症状で済むことが多い。

 

など。

 

気になる方は是非本を読まれてみてください。

 

 

 

「小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>」のポイント

 

 4月28日に公募開始になった「小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>」の公募要領(第1版)をざっとチェックしてみました。

 

 感想は、通常の補助金ではありえないくらい優遇されていると思いました。

 

理由1・・なんとすでに購入しているものでも対象になる。・・2020年2月18日以降に発生した経費に遡って補助対象経費として認められるようです。通常では考えられません。

 

理由2・・概算請求ができる。・・・・概算請求をすると、売上が2割以上落ち込んでいる事業者に限りますが、補助金の概算にあたる金額が購入前に振り込まれてきます。この場合、精算時に差額を調整するような感じになります。概算払いの制度は複数年に亘る場合や、大きな金額の補助金などの場合、よくみかけますが、100万円以下の補助金で適用されるのは異例といえます。

 

理由3・・・補助金額の上限が100万円(補助率2/3)と、通常の倍の額を補助される。

 

コロナ対応型の申請要件は。サプライチェーンへの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備のどれかひとつの取組が必要になりますが、元々販促が目的の補助金で、ビジネスモデルの転換、結構イメージしやすいのではないかと思います。

 

コロナの問題が終息しても、元の市場には間違いなく戻りません。いまはコロナ終息後の市場にビジネスモデルをどう合わせていうのかを考える、良い時期だと思います。

 

ビジネスモデルを考え、是非補助金にチャレンジされてはどうかと思います。いまがチャンスです。

 

必要であれば、お手伝いもさせていただきます。是非、一緒に考えましょう!

 

 

 

 

 

 

 

ユダヤ人に大富豪が多い秘密

ユダヤ人は世界の人口の1%しかいない。
にもかかわらず。世界の大富豪ベスト500人の中の300人を占めている。
いったいどんな秘密があるのだろうか?

 

先日、私の師匠がセミナーに行かれて聞いてこられた話があまりに興味深かったので紹介します。

 

ユダヤでは、男子の成人は13才、女性は12才。
成人式には、大人になったらどんな事業をするのかを決めて宣言しなければならないらしい。それまでには集団講習がある。その日は安息日を利用する。

 

安息日とは、いわゆる休日、アブラハムの宗教(ユダヤ教キリスト教イスラム教) において、何もしてはならない日と定められた日である。
ユダヤ教の場合、金曜日の夜から、日曜日まで安息日があり、この時はすべての店が休みで、交通機関も止まり、仕事は勿論休み。しかし彼らは実際には休んでおらず、モスクで子どもの教育を行っているというのだ。

 

そして成人式で宣言をした将来の夢に対して、20人の大人がついてブラッシュアップをしていく。「その夢をどのように行動をしていくのか?」、「夢を達成した姿はどのようなものか?」など毎週、毎週宿題を与えられ、優秀な人はユダヤ人のネットワークで、その道のプロに紹介され、そこで修業を積む。一方、宿題をさぼったりすれば、忽ちにコミュニティから外され、自分一人でいきていかなければならないといった、過酷な世界でもある。

 

因みにユダヤ人に一番人気がある職業は学校の先生らしい。しかし、学校の先生になるには、20才で起業しなければならず、かつビジネスで成功する必要があり、そういう人しか先生になれないらしい。日本もこうなってほしいものだと思う。

 

なるほど。人はみな宿命を持って生まれてきます。そして宿命に逆らわずに生きることが、一番幸せな生き方だといわれます。そういう意味からみれば、ユダヤ人のシステムはとても理想的だと思いました。そして私自身にもとても刺激的で参考になる話を聞かせていただいた気がしました。感謝。
 

イチローの使命

 作家の小松成美さんが講演の中で話されていたイチロー選手の話で、とても心が熱くなったのでちょっと紹介してみたいと思います。
 日本人野手として初めて大リーガーになり、多くの夢を与えてくれたスーパーヒーロー、イチロー
彼が日本球界から大リーグに行くときに、こんな話があったそうだ。
「僕が行ってもし失敗をすれば、日本の野手、バッターはメジャーでは通用しないということになるでしょう。その覚悟、そしてそれこそが自分の使命だと思っています。」
その傍らで、彼が尊敬する仰木監督イチローにこう言った。
イチロー、お前の席はいつでも用意しておく。1シーズンやってメジャーでは通用しないと思ったらすぐに帰ってこい。半年でも、3ヵ月でも、1ヵ月でももう無理だと思ったら帰ってこい。」
その仰木監督の優しさに触れながら、イチローはこう言ったそうだ。
「帰れません。1WAYチケットで行くつもりです。もし1年で自分が野手として通用しないと、メジャーのランディン・ジョンソンの160kmのボールを打ち返せないと思ったら、僕は引退します。そして二度と日本球界には戻りません。」
彼は自ら退路を断ったチャレンジをした。
彼は記録を目指して野球をしているわけではない。けれども、記録こそが人々の心に残ることも知っていた。日本の野手が、バッターがどんな記録を作り得るのか、それこそが彼の一つの使命であると語った。そして彼は心から野球を楽しんだ。彼は、「野球を仕事と思ったことが一度もありません。」といっていたそうだ。
彼は自分のミッションの達成のために、日々ひたすら努力をし、励んだ。
そして素晴らしい実績を残し、日本人野手の活躍の道を開いていったことはいうまでもないだろう。
いま日本人に一番足らないものは勇気だといわれる。イチロー選手のこの話はそんな我々に勇気を与えてくれる。イチロー選手、有難う!

 

古代ギリシャに学ぶ

日本からギリシャは遠い。直行便はない。フライト時間だけでも18時間、乗り換えまでを含めると悠に20時間は超える。とてもアクセスが良いとはいえない。しかし、心理的には何故かとても日本に近く、親近感を持てる国だった。

 

ギリシャというとよく、「破綻した国でしょ」という人がいるが、実際には破綻はしておらず、破綻寸前ではあったが、今は復興している。破綻寸前になった原因は公務員が増えすぎ、公務員は仕事をしないらしく経済がおかしくなっていったということらしい。日本では大手企業などがよく公務員化していると言われているが、競争力を失いつづければギリシャの二の前になるかもと感じている。

 

今回の旅で私はギリシャがとても好きになった。何より物価が安い。これまで行ったドイツやフランス、イタリア、北欧などは日本の物価よりも1.5倍〜3倍ほど高い感覚がある。しかし、ギリシャは日本よりも物価が安く0.7倍といった感じである。人も陽気で優しい。食べ物が美味しい。そして空気が美味しい。

しかし一方ではギリシャ人は考えなくなったといわれる。プラトンが唱えたイデアにアをつけたら、アイデアになるが、ギリシャ語ではアは否定語。イデアがないという意味になるらしい。彼らはアイデアを馬鹿にしているらしい。ギリシャは観光国であり、人口1000万人に対し、年間3000万人の観光客が訪れている。しかし、ギリシャにはそれしかないので、ギリシャを破綻に追い込みのは難しくないとガイドさんが言っていた。

 

ギリシャといえば、エーゲ海、オリーブをイメージしてしまう。他に何があるかと聞かれると、オリンピックが最初に行われた国、オリンポスの神々はいたのかな?ぐらいの基礎知識しかないままに、今回の研修ツアーに参加してしまった。総勢103名。バス3台で行く大人の修学旅行。

 

ドバイを経由してアテネ空港へ着くと、大型バスでデルフィへ移動。アテネから約3時間。デルフィは世界最古の予言の地として知られる町でオリンピアの次に重要な場所とされていたようだ。その途中、ガイドさんからギリシャについてのお話をいろいろ聞かせていただく。オリンポスの神々は実在していたこと。ワインの発祥地であること。昔から循環型農業を行っていたこと、ヨーロッパで最も親日国であること等。

 

デルフィのホテルに着いたのは夜。翌日の朝、デルフィのホテルから見る景色は、まるで高千穂の山々を見るよう。神々はこのような風景がお好きなようだ。昨日、ガイドさんから聞いた話ではこの地を治めていたのは太陽神アポロ。日本で言えば遍く照らす大いなる神、つまり天照大神にあたるのかな。雲がどことなく龍の形に似ていた。しかも何匹もいる。そしてこの雲たちが私たちが行く場所にいつもついて回っている感覚であり、何か見守られている感じがした。そういえば、この時期は雨がよく降るとの情報を得ていたが、観光期間中1度も雨に見舞われることはなく、これも何かの思し召しかもしれないと感じた。

 

デルフィ(古代ギリシャ語ではデルフォイ)にある遺跡、世界最古の予言の地へ向かう。ギリシャという国の歴史は100年ほどしかなく、かつてギリシャ人はポリス都市という都市国家を作っていた。アテネヴェネチアイスタンブールなどがそうであるが、どこにポリス都市を作るのかなどを占ったのが、これらの予言の地である。かつてここへは、ソクラテスプラトンアリストテレスアレキサンダー大王なども訪れ、予言を聞いたそうだ。私はなぜかこの地に懐かしさというか心地良さを覚えた。

f:id:egaoya:20200320163600j:image

 

平和の祭典と言われるオリンピック。オリンピックが最初に行われたオリンピアはとても小さな町だった。陸上、レスリングなど最初は神々が競い合った。スタジアムは神殿の中にあった。神殿の中でスポーツをやっていたということだ。つまり信仰心のもとにスポーツは行われていたということだ。健全な精神に健全な肉体は宿るのだ。日本の武道をイメージしてしまうが、本来は全てのスポーツが信仰心なくしてはやってはいけないのかもしれない。スタジアムに入ると、とても良い気を感じた。男性用は200m、女子用は160m走のラインがある。日頃滅多に走らない私が、何故か走りたくなった。みんなも同じ気分のようだ。風に乗ったように走る。とても気持ちがいい。世界で最初にオリンピックが行われた場所で走る、なんて贅沢な思い出なんだろう。

f:id:egaoya:20200320173050j:image
f:id:egaoya:20200320173015j:image
f:id:egaoya:20200320173044j:image
f:id:egaoya:20200320173110j:image

 

オリンピアにある世界で最も美しいと言われるヘルメス像、これは門外不出でこの場所に来ないと見ることができない。ヘルメス像は勿論素晴らしいが、古代ギリシャ時代の石像はどれも精密に作られており、古代ギリシャの人たちがどれだけ真面目で熱心であったかがわかる。それに対して、キリスト教支配下では効率が重視されていき、石像もだんだん雑になっていく。キリスト教支配下で作られたポセイドン像と比べてみると。その違いは明白である。そして、今の日本にも全く同じようなことが起こっているのではないかと思った。職人が育たない風朝や教育。本当にこれで良いのだろうか?確かに効率は重要であるが、本来それ以上に大事なことはあるのではないかと思う。しかし、効率的であることが正義とされ、今の日本も大事なものを見失っているのではないだろうか?そう思わざるにはいられない。

f:id:egaoya:20200320174628j:image
f:id:egaoya:20200320174611j:image
f:id:egaoya:20200320174645j:image
f:id:egaoya:20200320174557j:image

 

医療の神様アスクレビオスの聖地、エピダウロス。医療の神様が作った施設は目から鱗だった。円形劇場、スタジアム。西洋医学の父ヒポクラテスは、「食べもので治せない病気は医者でも治せない」と言っている。今の時代、あまりにも薬に頼ろうとしている傾向があるが、本来人間には免疫力や自然治癒力がある。薬に頼るのではなく、これを十分に活かすことが大事ではないだろうかと改めて気付かされた。また円形劇場の中央の石の上に立つと、スタジアム中に声が通る仕組みはとても不思議で、当時の技術の凄さをまざまざと感じた。

f:id:egaoya:20200320181724j:image

パルテノン神殿アテネにあるドリス式建築の傑作と言われる神殿で、守護女神アテナ像に捧げた戦勝記念堂である。柱や床面の技術の工夫で究極の美を表現している。残念なのはトルコ領時代に爆薬庫として使用されており、敵軍からの攻撃により屋根が吹っ飛んでしまったこと。このような歴史的建築物を、爆薬庫に使うなど全く信じられないが、実際に起こった出来事だ。それからパルテノン神殿と、ポセイドン神殿、エギナ島のアフェア神殿は二等辺三角形で繋がっているらしく、それを聞くと日本の伊勢神宮出雲大社宗像大社のことを思い出さずにいられなかった。

f:id:egaoya:20200320185351j:image

 

プラトンアカデメイア跡地は、建物はなく、自然の草原であった。それでも私は特に不思議な感じはしなかった。ここで皆、学んでいたんだなと思った。何もない場所だが、瞑想をしている時になぜか一番思い浮かべる場所である。プラトンの教育理念は、「魂の向け変え」で、現実社会の損得、利権、見栄と体裁の世界から人々の価値観を高貴な世界へと向け変えることが、アカデメイアの教育の目標であったことを学び、今まさに必要な概念ではないかと私は感じた。また、プラトンがいう「想起」や「イデア」。私自身がこのタイミングで、何のためにこの世に生まれてきたのか?自分自身を見つけ直す良い機会になった。

f:id:egaoya:20200320190018j:image

 

コインを発明したのは商売の神様、ヘルメスである。日本では三越百貨店の日本橋本店にも祀られている。コインがない時代は物物交換であったが、交換するものが相手が欲しいものとは限らず、争いが絶えなかったそうだ。コインは争いをなくすために発明された。コイン博物館では、14世紀から現在に至る、硬貨やメダルが展示されていた。
f:id:egaoya:20200320190922j:image
f:id:egaoya:20200320190944j:image

 

f:id:egaoya:20200320191024j:image

 

古代ギリシャを滅ぼしたのは、キリスト教であることは言うまでもない。一神教であるキリスト教多神教だった古代ギリシャ人を恐れた。恐れたために、彼らは、書物を全て焼き払い、何もなかったようにしたかったようだ。「見ずして信じよ」。まさに洗脳教育である。同じような国が他にもある。それは日本だ。日本も多神教の国である。アメリカは世界一のキリスト教の国である。戦後、日本人はWGIPという洗脳教育を受けている。戦前の書物を焼き尽くされ、地理や歴史、道徳などの教育も禁止された。武道も一時禁止された。古代ギリシャ人と同様、日本人は恐れられた。バックトゥーザフューチャー。このままだと、日本はギリシャのようになっていくのでないか!?

未来の日本を守るためにさあ立ち上がろう!自分がやれることは何か!そう考えさせられるとても有意義がある観光であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界一の観光都市となったドバイに想うこと

先日ドバイに行った。日本からドバイまでは約12時間。

ドバイ、今一世界で一番勢いがあり、発展している観光都市である。
世界一高いタワー、世界一の水族館、世界一の噴水ショーなど、とにかく世界一が好きな都市だと思った。きらびやかで、富裕層が好みそうな街。ドバイ万博に向けて建設中の建物も少なくなく、この都市はまだまだ発展を続けていくだろう。
しかし、かつてはこの地域は砂漠に囲まれた小さな漁村であった。砂漠地帯が、トップの決断と覚悟によって生まれ変わり、世界を魅了している。
すごい事である。
この都市が観光都市に変わることは、この国が生き残るための戦術の一つに過ぎないかもしれない。石油が枯渇した後の未来への挑戦である。王は、王子は、この国の未来の繁栄を願い、国民の幸福を願い、戦争のない世界、平和を願い、夢を描いた。そして、それを見事に現実のものへと変えていっている。
未来への明確なビジョンを持ち、戦略を策定し、戦術と統合させ、進めていく。
基本的なことかもしれないが、最も重要なことである。国も会社も同じである。
日本はどうか?そして我々の会社はどうか?
トップはどんな夢を描き、何を願うのか?
ドバイ、とても勇気を与えてくれる参考事例である。
f:id:egaoya:20200305230734j:image
f:id:egaoya:20200305230720j:image
f:id:egaoya:20200305230727j:image

f:id:egaoya:20200305230731j:image

経営コンサルタントの定義

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

 

昨年末までの段階では1月前半は比較的ゆっくりできるはずだったので、こんな時期にしかできないことにをやろうとタスク表をつくりました。

 

すると、やるべきことが一杯あることに気づき、結局は1月2日から仕事をしていました。

 

しかし、そのお陰で年明け少し落ち着きかけた頃に、大きな飛び込み案件が入ってきました。これも巡り合わせですので、年始からいい気が回っており、良いスタートがきれたような感じがしています。

 

さて、昨日は今年1回目の勉強会。そこで、与えられたお題の一つに『貴方の経営コンサルタントの定義は何ですか?』というものがありました。

 

例えば、日本で初めて経営コンサルタントを名乗った田邊昭一先生は『経営コンサルタントとは、企業のドクター』と定義しました。また、神田昌典氏は、『社長を褒める優しいお母さん&社長を叱る厳しいお父さん』と定義しました。

 

これらには正解、不正解はなく、自分がしっくりとくるものを定義することが大事なのだと学びました。

 

で私はというと…。

 

これまで、(マーケティングドクター』だとか、『経営のアドバイザー』とかあまり深く考えずに名乗ってましたが、こうして改めて考えてみると、悪くないけれども、しっくり来ません。

 

そこで紙にいくつか思いつくことを書いてみました。

 

そして、最終的にこれだ!と思ったのは、

 

経営コンサルタントとは、社長を成長させ、企業を成功へと導くメンター』

 

自分にとってはとてもしっくり来る言葉です。

 

人それぞれに目指す道があり、在り方も違います。自分自身のビジネスの定義、つまり在り方を決めることで、自ずと道も決まってくるのだと気づかされたとても良い学びでした。